お知らせ

第3回定時総会のお知らせ (平成28年6月14日 火曜日)

2016/05/16 1:55 に 一般社団法人日本舞台音響家協会 が投稿   [ 2016/05/23 3:07 に更新しました ]

一般社団法人 日本舞台音響家協会の第3回定時総会を、以下のとおり開催することになりました。
定時総会は、定款第11条「毎事業年度の終了後3か月以内に開催」の規定により開催するものです。


日時 : 平成28年6月14日(火) 13:30~16:30

(東京都中野区中野4-1-1 TEL03-3388-1174)


議案は次のとおりとなりました。

<報告事項>
1. 平成27年度事業報告
2. 平成28年度事業計画

<決議事項>
1. 平成27年度決算承認の件

その他

////////////////////////////////

当協会において最高の意思決定機関である総会の成立は個人正会員(平成28年3月31日現在425名)・団体正会員(同31社)の2分の1以上の出席(委任を含む)が必要です。もし、当日総会に出席されない場合は、前もって(インターネット・FAX・はがきで)第1号議案について、「承認する」か「承認しない」かの議決権の行使をお願いします。
委任される場合、出席される個人正会員(会員番号の末尾が「K」)の氏名あるいは団体正会員(会員番号の末尾が「G」)の会社名を記入してください。賛助会員(会員番号の末尾が「S」)・名誉会員(会員番号の末尾が「M」)には委任できません。委任される正会員がいらっしゃらない場合は「議長に一任」の箇所に「○」印をお付けください。

招集通知・議案書は5月20日(金)に発送いたしました。同封のFAX用紙あるいははがき(切手不要)にて、6月1日(水)必着でご返信ください。

もしくは、総会出欠・議決権行使・委任フォーム よりご入力下さい。6月5日(日)まで受付いたします。
インターネット・FAX・はがきのうち2種類以上でご返信の場合はインターネット・FAX・はがきの順で優先します。また、欠席のご返信をされ当日ご出席の場合はご出席が優先になります。なお、出席のご返信をされ当日ご欠席の場合は「棄権」になりますので、ご注意ください。

賛助会員(平成28年3月31日現在18団体)・名誉会員(同4名)は議決権がございません。出欠票(FAX用紙とはがき)には議決権行使欄がございませんのでご了承ください。また、上記の出欠・議決権行使フォームよりご入力されましても無効となります。
総会・懇親会にはぜひともご出席いただきたいので、出欠票をFAXまたははがきにてご返信ください。


ご不明の点は、協会事務局へお尋ねください。

TEL 03-3205-6943
FAX 03-6380-3102
E-Mail jim-sec @ ssa-j.or.jp
(お手数ですが、全角の「@」を半角の「@」に修正し、前後のスペース文字を取り除いてください。)

平成28年度 公開講座《基礎コース》のお知らせ

2016/02/07 23:22 に 一般社団法人日本舞台音響家協会 が投稿   [ 2016/03/29 18:46 に更新しました ]

文化庁委託事業
平成28年度 次代の文化を創造する新進芸術家育成事業(申請中)
舞台音響家のための公開講座《基礎コース》

平成28年4月12日(火) 10時30分~19時00分(受付開始は10時15分)
日本大学藝術学部 江古田キャンパス 中ホール (東京都練馬区旭丘2-42-1)

参加費(当日受付)
一般 4,300円
協会員および協会推薦 3,200円
学生 2,100円


本講座は舞台音響業務に就いて日が浅い方々を対象に、舞台技術、舞台照明の基礎を、
舞台音響の基礎の講義や実習とともに受講できる総合的な講座です。
実際のホールのステージ上において、1日で劇場技術分野の全てを学びます。
舞台音響業務に関連する方はもちろん他分野の業務の方々でも大いに参考になる内容です。
将来、舞台音響家を目指す学生の皆さんにとっても、劇場を使った当講座は貴重な体験となるでしょう。
お申し込みは、以下のチラシ(PDF)をダウンロードしていただき、ご記入の上FAX(03-6380-3102)で送っていただくか、
本Webサイト内の お申し込みフォーム にご入力ください。 ※締め切りました。

申込締切は3月22日(火)ですが、募集人員(100名)に達したときは早めることがあります。

なお、お申し込みの方へ、3月中に事前アンケートを送らせていただきますので、ご協力ください。4月に入っても未着の場合は、お手数ですが事務局へお電話(03-3205-6943)にてお問い合わせください。


平成27年度 公開講座《研究コース》のお知らせ

2015/12/02 5:32 に 一般社団法人日本舞台音響家協会 が投稿   [ 2016/01/05 0:29 に更新しました ]

文化庁委託事業
平成27年度 次代の文化を創造する新進芸術家育成事業
舞台音響家のための公開講座《研究コース》

前年度、公開講座《技術コース》の初日にトライアル開講しましたワンポイント形式の講座を、この度《研究コース》として独立させました。
今回はPA現場でのチューニングをテーマにしました。
日頃よく行なわれるマイクを用いた「ワンツー(ボイス)」でのチューニングと、音場シミュレーションソフト(Smaart)を用いたチューニングを実演し、それぞれのチューニング状態でのデモンストレーション演奏を聴き比べてみます。
なお、今回はSmaartの販売元であります音響特機株式会社様のご協力により開講いたします。

平成28年1月11日(月・祝) 13:00~18:00
(東京都中野区中野2-9-7 TEL 03-5340-5000)
一般3,240円・協会員2,160円・学生1,080円(当日学生証をご提示ください)

お申し込みは、以下のチラシ(PDF)をダウンロードしていただき、
ご記入の上FAX(03-6380-3102)で送っていただくか、
本Webサイト内の お申し込みフォーム にご入力ください。
締切は12月25日(金)です。
※締め切りました

お問い合わせは、一般社団法人 日本舞台音響家協会へお願いします。
TEL 03-3205-6943
FAX 03-6380-3102
E-Mail jim-sec @ ssa-j.or.jp
(お手数ですが、全角の「@」を半角の「@」に修正し、前後の空白文字を取り除いてください)



平成27年度 公開講座《演劇コース》のお知らせ

2015/10/07 2:58 に 一般社団法人日本舞台音響家協会 が投稿   [ 2015/11/13 0:47 に更新しました ]

文化庁委託事業
平成27年度 次代の文化を創造する新進芸術家育成事業
舞台音響家のための公開講座《演劇コース》

演劇の上演で音響はさまざまな役割を持っています。演技を生かすも殺すも音次第。
本講座では、用意された台本に基づき音響効果のプランを考え、音具を使って効果音を実際に作成し、舞台上演にいたるプロセスを学ぶことができます。
音響プランの考え方や組み立て方、構成方法を学び、音を創作して録音・編集し、劇場での仕込み・稽古・本番を行ないます。
演劇音響のスタッフを目指す学生の方も受講できます。


●東京会場
 (公益財団法人せたがや文化財団 世田谷パブリックシアター提携、世田谷区後援)
 平成27年11月8日(日) 10:00~22:00
 平成27年11月9日(月)  9:30~21:30
世田谷パブリックシアター シアタートラム
(東京都世田谷区太子堂4-1-1 TEL 03-5432-1522)
 一般 8,640円・学生 4,320円(当日学生証をご提示ください)

●福岡会場
 (株式会社福岡市民ホールサービス共催)
 平成27年11月16日(月) 13:00~21:00
 平成27年11月17日(水)  9:00~17:00
福岡市民会館 小ホール
  (福岡県福岡市中央区天神5-1-23 TEL 092-761-6567)
 一般 6,480円・学生 3,240円(当日学生証をご提示ください)


両会場とも一般5名、学生5名程度(合計10名程度)を募集いたします。
応募者多数の場合は書類選考する場合がありますのでご了承ください。
お申し込みは、以下のチラシ(PDF)をダウンロードしていただき、
ご記入の上FAX(03-6380-3102)で送っていただくか、
本Webサイト内の お申し込みフォーム にご入力ください。
締切は会場により異なりますのでご注意ください。
 東京会場/10月23日(金) ※締め切りました。
 福岡会場/10月30日(金) ※締め切りました。
なお、お申し込みの方へ事前アンケートをお願いしておりますので、
ご協力ください。



お問い合わせは、一般社団法人 日本舞台音響家協会へお願いします。
TEL 03-3205-6943
FAX 03-6380-3102
E-Mail jim-sec @ ssa-j.or.jp
(お手数ですが、全角の「@」を半角の「@」に修正し、前後の空白文字を取り除いてください)


平成28年度新進芸術家海外研修制度(長期)募集のお知らせ

2015/06/29 0:19 に 一般社団法人日本舞台音響家協会 が投稿   [ 2015/06/29 0:46 に更新しました ]

文化庁では、平成28年度新進芸術家海外研修制度の募集を行ないます。

本制度は、若手芸術家等が海外の芸術団体、劇場等で実践的な研修等に従事する機会を提供することにより、我が国の将来の文化芸術振興を担う人材を育成することを目的とするものであり、研修等を行なう際の渡航費・滞在費を支援します。

当協会は「舞台美術等」の分野において、書類の提出を受け付けております。
なお、文化庁・当協会のいずれに提出いただいても、審査の評価に全く違いはありません。

当協会への提出締切は、8月7日(金)です。
文化庁とは締切日が異なりますので、ご注意ください。

詳細は、文化庁のWebサイト にある応募要領をご覧ください。

役員改選のお知らせ

2015/06/17 23:09 に 一般社団法人日本舞台音響家協会 が投稿   [ 2015/06/18 1:35 に更新しました ]

一般社団法人 日本舞台音響家協会では、平成27年6月17日(水)に第2回定時総会・第9回理事会が開催され、役員が以下の通り改選されました。
任期は平成28年度末(定時総会終結)までの2年間です。
(カッコ内の役職名は一般社団法人及び一般財団法人に関する法律に基づく名称)

理事長        渡邉 邦男
(代表理事)

副理事長    市來 邦比古
(代表理事)

副理事長    小塚 和夫
(業務執行理事)

常務理事    小瀬 高夫・萩田 勝巳
(業務執行理事)

理事            石井 玄保・石丸 耕一・稲生 眞・薄 崇雄・大場 神・岡田 辰夫・加藤 明・齋藤 美佐男・永井 秀文・中村 一雄・
                    新田 康久・藤居 俊夫・藤田 赤目・松木 哲志・武藤 一郎・山内 毅・山中 洋一・横田 淳・吉田 ひであき・渡邊 保

監事            田村 悳・三浦 傳

以上

第2回定時総会のお知らせ (平成27年6月17日 水曜日)

2015/05/21 4:35 に 一般社団法人日本舞台音響家協会 が投稿   [ 2015/06/15 21:28 に更新しました ]

一般社団法人 日本舞台音響家協会の第2回定時総会を、以下のとおり開催することになりました。
定時総会は、定款第11条「毎事業年度の終了後3か月以内に開催」の規定により開催するものです。


日時 : 平成27年6月17日(水) 13:30~16:30
(東京都北区王子1-11-1 TEL03-5390-1100)


議案は次のとおりとなりました。

<報告事項>
1. 平成26年度事業報告
2. 事業部、専門部会設置報告

<決議事項>
1. 平成26年度決算承認の件
2. 役員の選任の件

その他

////////////////////////////////

当協会において最高の意思決定機関である総会の成立は個人正会員(平成27年3月31日現在436名)・団体正会員(同32社)の2分の1以上の出席(委任を含む)が必要です。もし、当日総会に出席されない場合は、前もって(インターネット・FAX・はがきで)第1号議案と第2号議案について、それぞれ「承認する」か「承認しない」かの議決権の行使をお願いします。
委任される場合、出席される個人正会員(会員番号の末尾が「K」)の氏名あるいは団体正会員(会員番号の末尾が「G」)の会社名を記入してください。賛助会員(会員番号の末尾が「S」)・名誉会員(会員番号の末尾が「M」)には委任できません。委任される正会員がいらっしゃらない場合は「議長に一任」の箇所に「○」印をお付けください。

第2号議案「役員の選任」は、議案書に理事候補者25名・監事候補者2名の氏名が記載されています。理事候補者・監事候補者とも全員重任であり、新任の候補者はおりません。すべての候補者をご一括でお願いいたします。
現在の役員名簿は こちら をご覧ください。

今回、出欠票にて、総会へのご出欠と併せ、専門部会・事業部へのご参加希望を伺っております。
「専門部会および事業部選択のお願い」をお読みになり、7つあります専門部会・3つあります事業部の中からご希望の専門部会・事業部に「○」印をお付け下さい。専門部会は必ず一つご選択をお願いいたします(複数選択も可)。事業部もできるだけ一つご選択ください。

招集通知に同封のFAX用紙あるいははがき(切手不要)にて、6月12日(金)必着でご返信ください。
もしくは、総会出欠・議決権行使・委任、専門部会・事業部選択フォームよりご入力下さい。6月14日(日)まで受付いたします。※終了しました。
インターネット・FAX・はがきのうち2種類以上でご返信の場合はインターネット・FAX・はがきの順で優先します。また、欠席のご返信をされ当日ご出席の場合はご出席が優先になります。なお、出席のご返信をされ当日ご欠席の場合は「棄権」になりますので、ご注意ください。

賛助会員(平成27年3月31日現在17団体)・名誉会員(同4名)は議決権がございません。出欠票(FAX用紙とはがき)には議決権行使欄がございませんのでご了承ください。また、上記の出欠・議決権行使・委任、専門部会・事業部選択フォームよりご入力されましても無効となります。
総会・懇親会にはぜひともご出席いただきたいので、出欠票をFAXまたははがきにてご返信ください。


ご不明の点は、協会事務局へお尋ねください。

TEL 03-3205-6943
FAX 03-6380-3102
E-Mail jim-sec @ ssa-j.or.jp
(お手数ですが、全角の「@」を半角の「@」に修正し、前後のスペース文字を取り除いてください。)

平成27年度 公開講座《基礎コース》のお知らせ

2015/02/06 11:22 に 一般社団法人日本舞台音響家協会 が投稿   [ 2015/02/06 11:35 に更新しました ]


文化庁委託事業
平成27年度 次代の文化を創造する新進芸術家育成事業(申請中)
舞台音響家のための公開講座《基礎コース》

平成27年4月20日(月) 10時30分~19時00分(受付開始は10時15分)
世田谷パブリックシアター
 (東京都世田谷区太子堂4-1-1 TEL 03-5432-1522)


参加費(当日受付)
一般 4,000円
協会員および協会推薦 3,000円
学生 2,000円


本講座は舞台音響業務に就いて日が浅い方々を対象に、舞台技術、舞台照明の基礎を、
舞台音響の基礎の講義や実習とともに受講できる総合的な講座です。
世田谷パブリックシアターのステージ上において、1日で劇場技術分野の全てを学びます。
舞台音響業務に関連する方はもちろん他分野の業務の方々でも大いに参考になる内容です。
将来、舞台音響家を目指す学生の皆さんにとっても、劇場を使った当講座は貴重な体験となるでしょう。

お申し込みは、以下のチラシ(PDF)をダウンロードしていただき、ご記入の上FAX(03-6380-3102)で送っていただくか、
本Webサイト内の お申し込みフォーム にご入力ください。

申込締切は3月27日(金)ですが、募集人員(100名)に達したときは早めることがあります。

なお、お申し込みの方へ事前アンケートをお願いしておりますので、ご協力ください。


平成26年度 公開講座《技術コース》のお知らせ ※一部変更あり

2014/12/01 4:09 に 一般社団法人日本舞台音響家協会 が投稿   [ 2015/10/07 18:25 に更新しました ]


※重要なお知らせ※

2015年1月14日(水)開催の「基本編」は、開催内容が変更となりました。
また、締切も1月8日(木)まで延期しました。
詳細は以下の案内文をご覧ください。
(赤字が変更部分です)




文化庁委託事業
平成26年度 次代の文化を創造する新進芸術家育成事業
舞台音響家のための公開講座《技術コース》


平成27年1月14日(水)~17日(土)
中野区野方区民ホール (東京都中野区野方5-3-1 TEL 03-3310-3861)


●基本編

1月14日(水) 13:30~18:30
PAの基礎・徹底習得

毎年この時期に開催している技術講座と別枠となり、更に現場寄りに突っ込んだ内容で進める実践セミナー「第1回目」となります。
約90分 X 3項目(休憩含む)を予定しています。
ライブ・コンサート・イベント・・『PAの基礎』を徹底的に体感・習得していただき、明日からの業務に速攻で使える内容です。
PAは『音量』が大切です。しかしその度合いを経験則だけで決めてしまうオペレータが大勢居ます。
目盛りやレベルではない「自然に心地良く聴こえる音量」は必ず存在します。
『音色』『音質』という音の三要素にプラス、響きや雰囲気を司る『音場感』『空気感』を体感して欲しいのです。
AGの弾語りの演奏家を舞台へ招き、サウンドチェックからブッツケ(事前チェックなし)で実際の現場をシミュレートします。
リハーサルから本番までの過程を生で体感してください。
ここでは定番マイク(SM58 / SM57 / C451 / T85-DI / ECM Contact-Mic)数種に変更しながら、
演奏家の好みとオペレーター技法とのマッチンクに重点を置いた内容で進行します。
昨今はデジタル機器に90%が置き換わりましたが、アナログサウンド未体験の世代も現場業務を担っております。
セミナー後半では「オールアナログ機器」を用いたサウンドを体験していただきます。
ビットやサンプルサイズ関係ない「そのままの音」もぜひ体感し持ち帰っていただきたいと考えます。
今回はトライアルセミナーとなりますので、受講料は徴収せず「テキスト代:1,000円」のみで参加可能となりました。
初心者はもちろん実務経験者で現場スキル向上を図りたい方も奮ってご参加ください!
また音響実務に直接関与されていない管理運営、音響機器メーカー、輸入商社の方々にも有効な内容です。
『音の基準』を体感していただければ幸いです。

13:30 パート1 : PAの基礎とは?
15:00 パート2 : AG弾語り:生演奏の基準を考察
16:30 パート3 : アナログ・サウンド体感
18:00 Q&Aコーナー
18:30 終了

※この「基本編」は、今年度は運営上《技術コース》の1講座として開催しますが、
将来は新たに発足予定の事業部あるいは部会が主体で企画する独立した講座として開催することを検討しております。
本講座はそのトライアルとして、技術研究事業部の準備に携わる岡田辰夫理事が企画します。

●応用編

1月15日(木) 9:00~19:00
ギター弾き語り実習
音響の基礎知識を学科講習及びマイクセッティングとカラオケ出しによるギター弾き語りまでをマンツーマンでの実習

●実践編

1月16日(金) 9:00~19:00
1月17日(土) 9:00~19:00
トリオによる演奏の実習
音響の上級知識を学科講習及びピアノ・ギター・ボーカルのトリオ演奏をマイクのセッティングと音響調整卓のオペレートをマンツーマンでの研修



◆募集人員

基本編 100名
応用編  15名
実践編  16名(各日8名ずつ)

※定員に達した場合、お断りすることがあります。

◆受講料

基本編 一般・会員とも 1,000円(テキスト代として)
応用編 一般 30,000円/会員 20,000円
実践編 一般 40,000円/会員 30,000円

※日本舞台音響家協会の会員、日本舞台音響事業協同組合の会員は会員料金になります。
※応用編・実践編の学科講習を受講される方は、事前に別途教材をご購入下さい。
※応用編・実践編の学科講習を受講されない方は、受講料が5,000円割引となります。

◆締切

基本編     1月8日(木)
応用編・実践編 12月12日(金) ※締め切りました。

◆申し込み方法

お問い合わせ のページにて、
「件名」に「技術コース申し込み」
「お問い合わせ内容」に「基本編」「応用編」「実践編」のいずれかをご記入ください。
(お電話番号・ご住所もご記入ください)


お問い合わせは、一般社団法人 日本舞台音響家協会へお願いします。
TEL 03-3205-6943
FAX 03-6380-3102
E-Mail jim-sec @ ssa-j.or.jp
(お手数ですが、全角の「@」を半角の「@」に修正し、前後の空白文字を取り除いてください)


平成26年度 公開講座《演劇コース》のお知らせ

2014/09/19 0:15 に 一般社団法人日本舞台音響家協会 が投稿   [ 2015/10/07 18:26 に更新しました ]

文化庁委託事業
平成26年度 次代の文化を創造する新進芸術家育成事業
舞台音響家のための公開講座《演劇コース》


演劇の上演で音響はさまざまな役割を持っています。演技を生かすも殺すも音次第。
本講座では、用意された台本に基づき音響効果のプランを考え、音具を使って効果音を実際に作成し、舞台上演にいたるプロセスを学ぶことができます。
演劇音響のスタッフを目指す学生の方も受講できます。


●東京会場
 平成26年11月16日(日) 10:00~22:00
 平成26年11月17日(月) 9:30~21:00
シアタートラム (東京都世田谷区太子堂4-1-1 TEL 03-5432-1522)

 一般 8,000円・学生 4,000円(当日学生証をご提示ください)

●金沢会場
 (北陸舞台演出事業社協会協賛)
 平成26年11月25日(火) 13:00~21:00
 平成26年11月26日(水) 9:00~18:00
金沢市民芸術村 (石川県金沢市大和町1-1 TEL 076-265-8300)

 一般 6,000円・学生 3,000円(当日学生証をご提示ください)

両会場とも一般5名、学生5名程度(合計10名程度)を募集いたします。
応募者多数の場合は書類選考する場合がありますのでご了承ください。

締切は会場により異なりますのでご注意ください。
 東京会場/10月31日(金) ※締め切りました。
 金沢会場/11月7日(金) ※締め切りました。

 

お問い合わせは、一般社団法人 日本舞台音響家協会へお願いします。
TEL 03-3205-6943
FAX 03-6380-3102
E-Mail jim-sec @ ssa-j.or.jp
(お手数ですが、全角の「@」を半角の「@」に修正し、前後の空白文字を取り除いてください)

1-10 of 21